コミュニケーションをデザインすること

大切な人たちへ

最近は夜はまだ少し冷えるけど、お店に来る人たちの流れや、テンションを見てるとあぁ春なんだなぁ。となんだか気持ちもポカポカしてきて、鼻もムズムズしちゃってるくせに、「花粉症も少しづつ良くなって来たし、来年には完治する予定だぜっ!」と強く思い込む毎日。みなさんいかがお過ごしでしょうか?

そんなこんなでリリースから2週間が経ち、あっと言う間に流れてくタイムラインのようなこの情報の海を毎日ドンブラコ〜ドンブラコ〜と漂いながらどこかにヒッソリと存在する僕の音楽を、何とか見つけて出しては拾い上げてくれる人達がいる。

その人達はこの世界に充満する素晴らしい音楽に触れながらも僕の歌を手に取ってみたいと思ってくれた僕にとっての愛すべき人たち。そんな大切な人たちに向けて僕はこのCDを今日も1枚、また1枚と喜んで届けさせてもらっています。

本当にありがとう。

そしてまだ届いていない君も、今ここにいるあなたも間違いなく僕の大切な人だ。

僕にとってこのブログもそうだけど、CDというメディアは音を詰め込んだ単なる「コンパクトなディスク」なんかじゃなくて、僕と僕の大切な人たちとを繋いでくれる「コミュニケーションのデザイン」それは「気持ちを伝え合う為に作られた伝達手段」。それが僕のCDというメディアの使い方なんだ。

だからひとつ、またひとつと、届けるたびに僕の世界は広がって行くし、少しづつだけど僕の心も広がっていく気がする。

それは気のせいなのか?この誰かに愛されているような実感は錯覚なのか?

だとしたらこのまま、この幻想の中で生きるのも悪くない。とか思いながら、僕と君との繋がりの糸が、いつか切れてしまわないように、いつか失くなってしまわないように、本当に大事にしていきたいって思ってこのブログを書いている。

その思いは幻想じゃない。

そしていつか、この糸を辿るように僕は君の前で「ありがとう」ってちゃんと伝えたい。その時はFly☆81だといいな。って思ってる。この思いは幻想じゃない。

妄想だw

なので、それはいつになるか約束出来ないけど、思い込みで花粉症を完治させるほどの僕ともあろう者ならば、Fly☆81の復活はそれと同じくらいの確率だ...。

もはやその確率が高いのか低いのかは君の思い込み次第ってことで完全に責任転嫁させてもらいつつw、それまではこの繋がった糸電話のようなデジタル且つアナログな言葉のコンタクトで僕は君とのコミュニケーションを絶やさないようにしたい。

それが今僕の出来ること。そしてオタクな僕の楽しみのひとつでもあるw 良かったらこれからも繋がっていて欲しいし、そんな愛の告白を最後まで聞かされた君はやっぱり僕の大切な人だ(^^)。

今日もこの場所から「ありがとう」。

The place to be…..

気になった人は下のジャケットをタップしてチェックしてね。


      AKiLA from Fly☆81 / THE PLACE TO BE
------------------------------------------------------
Fly☆81 AKiLAによる約9年振りのメロコアチューン!
進化したSHONAN MELODiC SURF CORE となって
2017年 待望のFly☆81サウンドが復活!!若い世代に
も届けたいアグレッシブなサーファーのマストアイテムだ!!