セルフインタビュー Vol.2
“Fly Again” -楽曲解説編-

       Apple Music, I Tunes, Spotify, AWA, LINE MUSIC, mora, レコチョクetc… 国内、海外一斉デジタル配信スタート!!

Fly☆81としては9年ぶり、AKiLAとしても約4年ぶりのリリースとなるAKiLA from Fly☆81の1st EPが2/22より世界各ストアにて一斉配信開始!! CDのリリースはロックオブエイジズオンラインにて2017年3月10日に決定!!只今予約受付中!詳細はこの記事の最後にあります。



Fly Again / AKiLA from Fly☆81


この曲についての解説をお願いします。


”原点回帰”っていうのが脳裏にあったので1曲目はとにかく速いのを作りたいなって思っていましたね。サーフィンのスピード感を意識してテンポを設定したり、イントロで十分なタメを作ってから一気に爆発させたりと、とにかく頭の中で波乗りの映像を何度も何度も流しながらアドレナリンの出やすい状態を作ろうと思いました。

聴いた瞬間に海に入りたくなるっていう曲にしたかったんです。アドレナリンが分泌されると、脳の働きや身体的パフォーマンスが一時的に上がるらしいので波乗り前に聴いてサーフィンしてもらいたかったんです。

そして沖に出たときに、ふと頭の中で流れるようなシンプルに口ずさめるメロディーをイメージして作りました。


この歌詞はどんなイメージですか?


僕の頭の中にずっとあった風景です。

海の目の前にあるそのステージはちょうど夕陽に包まれたオレンジ色で沢山のギャラリーが好き勝手に声を上げながら僕らの出番を待ちわびているんです。

久しぶりに立つ僕はステージ上でメンバーの姿を確認するとようやく落ち着いて笑顔が溢れるんですよ。

さっきまでの緊張も嘘のようにリラックスしてきて深呼吸すると、人差し指を立てながら右手を朱く染まった空に突き上げて『よし!行こう !』って言ってライブが始まるんです。

Aメロではそんな風景を自宅で想像している僕がいます。その夢の中で楽しそうにしているみんなの姿やステージからの懐かしい光景を見ていたら感極まって涙が溢れそうになりました。

「壊れそうなガラスの目には眩しすぎるくらい」「 はじけそうな真夏の笑みは眩しすぎて辛い」とそのステージから見える心情をBメロに描きました。

そして、そんな時間が僕の人生で永遠に流れますようにっていう願いを込めてTHIS TIME LAST FOREVERとサビを歌うんです。みんなと一緒に。


 その日が待ち遠しいですね。


はい。でもこの曲を作る前はそこに立つことへの執着や未練みたいものを感じていたんですけど、それはほぼ全くなくなりましたね。

出来たらいいなぁっていう希望はしっかり持ってますけど、そこに立つことよりも、そこで何を伝えられるかの方が大事だなって。

この曲で伝えたいことが一つあるとするならば、人生には人それぞれのステージがあるよってことなんです。それをフェーズ(段階)と捉えても面白いと思うんですね。

今、自分はどのステージにいて、次のステージに上がるには何が必要で、何を手放さなければいけないのか、そういう事に気がつき、行動することによって人生は自分次第で開けるんだよ。って。

考え方ひとつで人生は善くもなるし悪くもなる。当然ですが宇宙はそういう風に出来ているんです。人はそんな上がり下がりのプロセスの中で成長し人生は向上するんだと思います。

もしこの曲の主人公のように沈んでいる人がいるなら、自分の人生に何度でも挑んでいく挑戦者であれと僕は言いたいんです。失敗してもいいんです。人の失敗に寄ってたかる傍観者だけにはなるなって思います。

人生も波もアグレッシブに攻める。そんなサーファーのアンセムになってくれたら嬉しいです。そして躓いて沈んだ誰かの心を救い上げてくれたり、一歩踏み出すその背中をポンと押せるようなそんな歌になればそれが1番の喜びです。


明日は “It’s gonna be fine” 試聴


さてFly Again ご試聴如何でしたでしょうか?

ぜひ波乗り前に聴いて熱いセッションを繰り広げて頂きたいと思います。何かひとつでも心に残る言葉があれば幸いです。

もし何か響くものがあれば、またこの記事をシェアして頂き一人でも多くのFly☆81ファンに僕の音楽と言葉を届ける手助けをしてもらえると嬉しいです。 僕の曲を、僕の言葉を必要としている人がこの世界の片隅に必ずいるはずです。どうかみなさんの力をお貸しください。

明日は “It’s gonna be fine” 試聴となります。乞うご期待です!お楽しみに!!

今日も最後までありがとうございました。

AKiLA from Fly☆81


”リリース記念Tシャツ” プレゼント!!

2/24〜3/2までのキャンペーン期間内に CD (¥1500-)を予約注文された方だけにもれなく先行予約特典として ROCK OF AGES TEE (¥3,000-)を 今なら無料にてプレゼント中!

”リリース記念Tシャツ” としてボディにはあの”鬼怒川染め”を採用しました。世界に一つだけのお洒落なユーズド感を存分にお楽しみください。

今ならご希望のサイズをこちらよりお選び頂けます。

協力 株式会社ライジングサン

※Tシャツ ボディーは(株)ライジングサン様よりロックオブエイジズレコーズで買い取りしお客様にプレゼントさせて頂くことで下記コンセプトに賛同しています。ご理解ご協力ありがとうございます。 

期間限定生産での非売品となりますのでお早めに御注文ください。)

鬼怒川Tシャツ    

2015年9月10日に台風の直撃で鬼怒川(茨城県常総市付近)の堤防が決壊し、付近は約2メートルの高さまで濁流が押し寄せ、20名を超える犠牲者が出ました。河岸から数百メートル離れたところにあるプリント工場「マークフィックス社」では、倉庫に保管していたプリント加工前・後の商品約20万枚が水に浸かりました。幸い工場の人的被害はありませんでしたが、工場は打撃を受け、事業閉鎖を考えました。ところが全国からボランティアで駆けつけた人々が、汚れたTシャツを1枚1枚洗濯機で洗い、干し、新たな行き場所を見つけて再生する活動を始めました。幡ケ谷再生大学やLove For Nipponの協力も得て、一歩一歩再生への歩みを進めています。弊社は、この水没した加工前のTシャツをサルベージ(引き揚げ)し、趣旨に賛同し作品を提供いただいた素晴らしいアーティストの力を借りてファッションTシャツ「toriMoiA」としてアップサイクルし、販売しています。

なお、売上の一部を、未だ手付かずで山積みになっている再利用できない廃棄品の処分費用に充当します。

 (問) 株式会社ライジングサン 03-5469-5504 

『ご理解いただきたいこと』

● サルベージしたブランクボデイーはカラー、フィットが多岐にわたります。同じサイズで異なるフィット、同じカラーで異なる色調が混在することを、あらかじめご了承ください。

● 全ての商品が一度水没しています。そのため、商品には特長のある「汚れ」が付着しています。油、錆び、穴など様々な表情がありますが、「鬼怒川染め」の特徴として古着感をお楽しみください。